愛着障害

愛着障害とは??

①愛情の飢餓

幼少時代に親が離婚や死別したり、

養子に預けられたり、

育て方に問題があったりと

親から愛情をしっかり注いでもらえなかった事によって

『愛され方』

『愛し方』

が分からなくなる

 

②親との信頼関係が正しく結ばれなかった

子供が親(特に母親)に助けを求めても、

それに答えてくれなかったり、

親からの反応が不安定であったりすると、

愛着が不安定なものになるだけでなく、

安心感や信頼感がうまく育まれなくなり、

成長してからの修正がとても難しくなる。

 

③幼少期の親から受けた心の傷をひきずり、様々な障害や問題行動を起こす

虐待やネグレクト・

過保護、過干渉などにより

親から正常な愛情を注いでもらっていないため、

他人に対する共感性が乏しかったり、

相手に傷つけられた事に過剰に反応して

相手を痛めつける事になったりと問題が生じる

 

 

更新日:

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.