ADHD 自閉症スペクトラム 体験談 夫の体験談 発達障害

夫の生い立ち 発達障害(ADHD・ASD)

更新日:

参考までに私の生い立ち・性格・出来事などを紹介します。

※発達障害や愛着障害に関わる事項は太字にしています。

 

・幼少期

→とにかく落ち着きがない

 

衝動的に切れたりケンカが日常茶飯事

親の呼び出し多数(幼稚園)

 

母親に怒鳴られる日々。

(これが心の傷として残る)

 

→3歳のときにテーブルの下にもぐりこみ、

不注意で頭をぶつけ

その際に舌を噛んでしまい切る。

救急車で運ばれる。

(しばらく口を開けることがトラウマに…)

 

→幼稚園のとき、

キノピオ(マリオ)が大好きだった。

卒業アルバムにも書くほど。

 

 ・小学校時代

→授業中歩きまわり、じっとすることができない。

 

→机の周り、椅子の下、

後ろのロッカーはいつもぐちゃぐちゃ

なにがどこにあるかさっぱり自分でもわからない

 

問題行動をして無理やり母親の気を引こうとする

 

→上履きが嫌い、感覚過敏(締め付けが嫌)

 

→小学4年生のときみんなから無視される。

レクリエーションも一人でやるはめになる

 

軽い不眠症になる。

頼みの保健室の先生が異動になってしまった。

(安全基地の喪失)

 

担任の先生にも嫌われていて四面楚歌状態。

心が圧迫。

 

心に傷が深くついた。

親は子供の心の叫びを感じ取れず、

頼りにならなかった。

 

→小学4・5年生のとき友達が変わる。

(半年くらいで元の友達のところに戻る)

自分自身はわだかまりを感じながら

その違う友達とすごしていた。

 

→小学校低学年、○○君(私)には

黄色い洋服を着させないようにと先生から親に指摘。

全体朝礼のときに

そわそわして動きまわり落ち着きがないので。

 

・中学校時代

→野球部に入る。(小学校から続けていた)

 

→当時は肥満体系だったので

部活では校内マラソンなど一人だけ別メニュー。

走りすぎか足に負担がかかり足首を疲労骨折。

 

→骨折は中学だけで3回経験。

①足首の疲労骨折

②廊下を走り回り(裸足で)

不注意で柱に小指をぶつけ骨折。

③部活中にボールが指に当たり(突き指)骨折。

 

→下ネタと明るさで男子には少し人気だった。

友達には恵まれた。女子には全くモテず、、笑

 

→野球部は下手くそと骨折ばかりで

顧問の評価は最悪、公式戦には1回も出られず…

 

→卒業後人生初の彼女ができたが、

3週間で振られる。

 

・高校生

→野球部に入る。

当時の監督が色々と相談に乗ってくれたり、

ポジションも考えてくれたり…

とてもお世話になった。

同い年の部員も仲が良く部活はとても楽しく過ごせた。

 

→中学のノリが通用したのは最初の3ヶ月まで…

それ以降はパシリにされた時期もあり、

学校の生活はなんとなく生きづらさを感じていた。

 

被害妄想・自意識過剰が強くなっていた。

『オレ嫌われてる?』が口癖。

 

→教室を移動する授業の際には半分以上の確率で

忘れ物(教室に教科書などを忘れる)をしていた。

『認知症なんじゃないの』

と言われたこともあった。

(当時は発達障害の認知が薄い時代だった)

 

→学校の成績も中で指定校推薦が取れず。

一般受験を試みるも夏休みは部活三昧。

受けたい大学全てE判定。

→10月頃本気を出す。

寝る・飯・風呂以外は勉強に明け暮れる。

(発達障害特有の過集中)

 

・大学時代

→大学デビューする。

ファッションに目覚めるがあまりオシャレはできず。

 

→お酒の力を借り、プチ人気者になる。

大学のサークルでは無理してお酒をいっぱいのみ

人見知りな性格をカバーしていた。

 

→大学3年のとき、彼女ができた。

 

→大学4年のとき、違う人を好きになってしまい

(同じ研究室)結局その人と付き合う事となった。

期間が被ってはいないが乗り換えた事に

今は非常に反省している。

 

→大学は勉強よりも、サークルや研究室が楽しく、

とにかくお酒を飲んで遊んでばっかりの日々。

 

→就職活動は4年の4月に1社内定を頂き、

就職活動を終える。

 

・社会人

→初めて実家を離れての一人暮らし。

 

→面接や内定期間中は大げさな事を言っていたので、

期待の新人として注目されていた。

(先輩の話より)

 

→新入社員歓迎会でお酒を飲みすぎ、

翌日の仕事に遅刻。怒られる←当然ですね…

遅刻癖があり、上司の信頼を失う。

 

仕事のケアレスミスが多く、

毎日のように上司に怒鳴られる。

逆切れして大喧嘩になる事も…

 

→遠距離恋愛していた

大学から付き合っていた彼女に振られる。

大学時代同じサークルだった先輩と付き合いたいとの事。

自分がやったこと(大学時代に乗り換え)が

自分に同じように返ってくる。

因果応報を学んだ…

 

部屋を片付ける事ができず、散らかり放題。

分かっているのにできない。

気が散り他の事をやってしまう。(インターネットなど)

 

スロット依存症になる。

ほとんど負け。

お金の管理もできず借金がふくらむ。

 

→上司と経営層の信頼を失った挙句、

プライドが傷ついてしまった。(自業自得ですが)

道化師キャラとして、

本心は不本意ながらも演じるしか

自分を保つ方法が無かった。

 

→同じ部署で、後から入ってきた妻と出会う。

最初飲み会に誘ったが断られる。

その後何回か2人で遊び、

3回目のデートで付き合うことに。

 

→付き合って8ヶ月で結婚する。

その1ヶ月後子供を授かる。

その10ヵ月後無事に2940gの元気な女の子が誕生する。

 

→給料アップと家族と過ごす時間が

もっと欲しかったので転職する。

 

 

-ADHD, 自閉症スペクトラム, 体験談, 夫の体験談, 発達障害

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.