ADHD 体験談 夫の体験談 発達障害

ADHDの仕事上のデメリット

更新日:

 

夫です。

 

ADHDと診断を受けて1年8ヶ月。

 

初めに、ADHDの特性によって、

仕事にどのような悪影響がでるかをざっくりとまとめます。

 

過去の経験談なので誰にでも当てはまるとはいえません。

あくまでいち当事者としての主観として

ご参考にしていただけたら幸いです。

 

ADHDの仕事上のデメリット (私の場合)

 

言われた事、お願い事項をすぐ忘れる

仕事は1つの同じ作業をやり続けるといった事は稀です。

私は正社員で総合職なので、仕事がいたるところから

降りかかって来ます。

ADHDはマルチタスク (一度に複数の仕事をこなす能力)

が弱い傾向にあり、私もそれに当てはまります。

入社当初はパートさんにお願いされた事、他部署の要望など、

言われてもすぐに行動に移せず、

他の仕事に取り掛かると忘れてしまい、

『この前の件はどうなった??』と聞かれやっと思い出す

→信頼を無くすといった流れで他人の信用を失い、

自己嫌悪になっていきました。

 

仕事の覚えが悪い

先の見通しを立てたり、急に計画する事が苦手で、

口頭や先輩の仕事を見て、頭の中では理解したつもりに成っていて、

いざ一人でやってみると、思うようにできません。

これは誰にでも当てはまる (一部天才を除く) ことですが、

私は特に時間がかかり、これも上司の信頼を失う

→自己嫌悪になっていきました。

 

仕事のやり忘れが多い

これもマルチタスク(一度に複数の作業をこなす)

が苦手な私は作業中に他の仕事があったり、

ちょっとしたトラブルで他の所に行くと

『1個前にやっていた作業をぽっかり忘れる』

といった事が多々ありました。これが結構厄介で、

1個前にやっていた仕事が重要な案件だと、

やりっぱなしになることで後々上司や他部署の方から

『なんでまだやってないの?』と言われ、

私も見苦しい言い訳しかできず、余計に怒られる

→自己嫌悪という流れで落ち込む事が多かったです。

 

すぐ感情的になる

ADHDは感情のコントロールが苦手で

ストレス耐性が弱い傾向があり、

私も当てはまるところが多いです。

ちょっとした指摘でハラを立てたり、

嫌な顔をしたり。。。これも上司の信頼を失うことになりました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-ADHD, 体験談, 夫の体験談, 発達障害

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.