毒親 機能不全家族 体験談 夫の体験談

私(夫)の母親について 毒親・機能不全家族の根源

更新日:

 

夫です。

 

ここ最近、妻が私の母親についての

問題行動について投稿しているので、

私からみた母親を投稿いたします。

 

私の母親について

人の心がわからない

自分勝手なルールが多く、自己主張が強い

自分のエゴイズムを押し付ける傾向が強い

自分の都合の悪い事は耳に入らない

ヒステリックになる

マシンガンのようにずっと話続ける

片づけが下手

精神年齢が幼い

友達が少ない

理想の母親像が強く、

そこから少しでも離れると癇癪を起こす

 

実家時代との私と母親の関わり

 

・自閉症スペクトラム傾向

(ASD・アスペルガー)

傾向がとても強い父親が幼少時から

いつも怒られていたが、その仲裁によく

入っていた。

今思うと自分のため(偽善)に

やっていたようにもとれる

 

・自分は父親や兄・妹に暴力をよく

ふるっていた

(納得いかない事があると切れる)が

母親には一切暴力を振るっていなかった。

母親はエライと言っていた

(親がADHDの診断後に過去を振り返るため

手紙を送らせた文章に記載)

エライというのもオカシイと今思う

 

・問題行動を起こしてよく母親が

学校に呼び出されたが、その当時は

母親が来てくれて嬉しかった思い出がある

中学までは甘えていた記憶がある

高校時代、部活で疲れて帰ってきて

ソファーでよく寝てしまう自分に対して、

ヒステリックになりビンタをいつもしていた。

ここから母親の事が大嫌いになった。

 

母親と妻との関わり(自分から見た気持ち)

 

・母親が『子供は産めるのか』

と妻に発した言葉に対して自分も不快で

子として恥ずかしい気持ちになった。

その後、籍を入れる前から不妊治療に協力し、

妻の卵巣に多嚢包性卵巣症候群があり、

排卵しづらい+自分の精子も活動が鈍く、

グレーゾーンと言われたが、

籍を入れてすぐに妊娠した。

 

・孫が生まれたら、手のひらを返すように

接してきて、妻に

『事細かく成長の詳細を教えろ』

『写真を送れ』

といった脅迫をしている事に対して

母親に対して嫌気がさしていた。

しかし、お小遣いをもらっていたり

依存が抜けきれていなかったため、

それを母親に対して口出しできなかった

自分にも嫌気がさしていた。

 

・母親が妻を利用しているのが、

腹ただしく、孫を自分のエゴイズムの

道具としているみたいで

気持ちが悪く、苦痛であった。

その上発達障害に対しては

『私のせいじゃない』

『発達障害でしょ』

『愛着障害ではない』

と妻に対して怒りをむき出しにしている

母親を見てさらに苦痛だった。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

-毒親, 機能不全家族, 体験談, 夫の体験談

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.