自閉症スペクトラム 発達障害 読書・本の紹介

本の紹介 『あなたがあなたであるために』

更新日:

夫です。

今回は本の紹介です。

 

 

こちらの本について

自閉症スペクトラム

(ASD・アスペルガー)の

特徴がわかりやすく記載されている

 

当事者だけでなく、パートナー

(旦那さんや奥さん)

も読むと理解が深まる

 

特性を治すというよりも

『活かす』ことに焦点をおいている

 

発達障害を支援する人が読むと

かなり勉強になる本

 

感想・考察

この本はかかりつけの精神科医に

オススメされた本で、

自閉症スペクトラムの診断された直後に

読み始めた本です。

 

私の場合、ADHDが先に診断が下り、

1年たってから自閉症スペクトラムの

診断が下ったので

自閉症スペクトラムの知識は

ほとんどなかったというか、

『自分はADHDのみ』

と思い込んでいたところがあったので、

おすすめされたこの書籍を買い読んだところ、

 

『ほとんど自分に当てはまってる!!』

 

最初の所は、自閉症スペクトラム

(ASD・アスペルガー)

の特徴が箇条書きで記されていて

とてもわかりやすいです。

 

売るつもりも無かったので、私はこの本に

直接特性に当てはまる事

当てはまらない事を

チェックを入れていきました。

特に当てはまる項目に関しては

☆をいれて後から読み返しても自分の特性と、

気をつけなければいけない事としてチェックを

入れていきました。

 

本の後半部分は、

『特性を治すというよりも、個性として活かす』

ことに焦点を当てて書かれています。

 

自閉症スペクトラムの脳タイプを

誰に打ち明けるか、

得意な分野をどのように活かすか、

他人に一方的に話すだけではなく、

一人で楽しめる事も身につけるといった

内容が書かれています。

 

私自身も非常にこだわりが強い部分があって、

そのこだわりをどうしても

他人にわかってほしいという衝動が働き、

ついしゃべりすぎてしまったり、

感情的になったりします。

 

この本にはその対策もしっかりと

書かれています。

どちらかというと思春期の男女向けに

書かれている本ですが、

大人の発達障害当事者が呼んでも、

非常に参考になります。

 

また、パートナー

(発達障害を配偶者にもつ旦那さんや奥さん)

や支援者が読むと、当事者に対しての

理解や気配りにより一層

磨きがかかるのではないでしょうか。

 

チェックリスト・向き合い方・対策が

わかりやすく1冊にまとめられているので

医学的な本を読み漁るよりも

自閉症スペクトラムに関しては

この本1冊あれば問題ないと感じます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

-自閉症スペクトラム, 発達障害, 読書・本の紹介

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.