体験談 夫の体験談 愛着障害

愛着障害の克服 愛着の傷を取り戻す

更新日:

夫の投稿です。

今回は愛着障害の克服シリーズ

『愛着の傷を取り戻す』です。

 

 ①愛着障害の心の傷

person's eye

 

幼少から受けた親からの罵倒や、

機能不全家族への嫌悪感など、

愛着障害の傷に気づかずに

大人まで生きてきました。

 

今まで欲しかった愛情を

親にもらえなかったのです。

 

過保護で過干渉・肝心な所は放置で

秘密の多い家庭で育った私は、

楽しい思い出よりも、

されて嫌だったことの方が多く、

トラウマになって

沸いて出てくる感情があります。

 

 ②幼少時代の愛着の傷を修復する

赤ちゃん, 新生児, 子, 子育て, 親, 母, ケア, 眠っている, 皮膚, 人間, かわいい, 接合

 

幼少~青年時代の愛着形成が

上手くいかなかったために受けた心の傷は

もう過去の事なので事実を変える事は

出来ません。

親に成人になってから愛情を求めても、

癒されるどころか、

より一層傷が深くなるケースが多いです。

 

愛着障害でたとえ愛着に傷が付いても

修復する事は可能です。

もう一度幼少の心になってやり直す事で

修復できます!

ある意味、赤ん坊の頃の心になって、

もう一度人生をやり直す気持ちで

生きる事が修復へのプロセスになります。

 

そのためには、

愛着形成をやり直してくれる

第3者の存在が不可欠です。

 

 ③妻が愛着の傷を癒してくれた

photo of mother and child beside body of water

 

愛着に傷を持っている人は、

心が硬い殻で覆われているため、

中で悲鳴をあげている感情に蓋をして

生きています。(私がそうでした)

そうしないと辛すぎて生きていく事自体が

苦痛だったからです。

 

アルコールや娯楽では補えない部分です。

より一層、心に蓋をして

ごまかしているだけにすぎませんでした。

 

この心の硬い殻を少しづつ

柔らかくしてくれて、

癒しをくれたのが今の妻です。

 

私は母親にもらえなかった愛情を、

妻からもらったのです。

ある意味母親代わりをやってくれていました。

赤ん坊からやり直したのです。

そして幼い子供のように、精一杯妻に甘えたり、

駄々をこねたり、ワガママを言ったり、

困らせたりする事もいっぱいしてきました。

woman sitting on ground while boy standing on her back kissing her at daytime

 

それでも別れずに私の愛着障害を

理解してくれて精一杯接してくれた

妻がいたからこそ、

(出会った頃は精神年齢が

小学校4年くらいだったのが)

成人男性レベルまで成長する事ができました。

 

今では子供のように過剰に甘える事なく、

夫婦として対等な立場で信頼関係を

築くことができています。

 

 

 

 

-体験談, 夫の体験談, 愛着障害

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.