読書・本の紹介

本の紹介 『怒りがスーッと消える本』

更新日:

夫です。

 

 

こちらの本について

イライラ・ムカムカを『対人関係療法』で

手放していく事が説明されている

 

ムカッとする事はダメじゃないという事を

教えてくれる

 

『怒りが沸いてくる』原因と

『いつも怒っている人』の心理を説明

 

『怒らない』

『怒らせないコミュニケーション術』を解説している

 

『怒る人』への対処法と

心を穏やかにして生きるコツを解説している

 

感想・考察

いつもイライラ・ムカムカしていた私に

妻が買ってくれた本です。

 

読んだ感想は

『怒りの原因がこちらの本を読んで

よく理解できてスッキリした』

と感じることができました。

 

まず自分が怒っていたら

『なぜ怒っているのか?』という原因を

追究する事ってなかなか意識しないと

やらないと思います。

単純に『あいつはむかつくんだ』

といった感覚で私は生きていました。

 

こちらの本を読んでからは、

怒りの原因が自分にあるのか、

他人にあるのかを真っ先に

考えるようになりました。

 

怒りの原因が自分にある場合は、

なぜ怒ったのか?

なぜ怒らなければならなかったのか?

と考えるようにして、

その後怒っている自分をしっかりと

認めてあげて、ねぎらう事で、

怒ってもすぐにニュートラルな感覚に

もどす感覚を身につける事ができました。

 

他人に怒りを感じている場合は

『役割の期待のズレ』が

大きいとこちらの本には書かれています。

 

要するに自分がして欲しかったことと、

相手が実際にした事がずれていたとき、

他人に対して怒りを感じてしまう事が

書かれていて、

納得!と感じました。

 

私も相手に期待が大きいところがあり、

この認知の歪みでささいな事でも

すぐに切れたりして妻に愚痴を

しょっちゅうこぼしたりという事が

多々ありました。

 

今でも、怒りが出てくる事はあります。

そんな時にはこちらの本を読んで

怒りの原因を分析すると

怒りが自然に収まってきます。

 

また、怒っている人も

『事情があるんだな…』と感じることで、

自分に対しての攻撃よりも怒っている人自身が

『困っている』という意識に変える事が

できました。

相手を困らせない努力もしていこうと

気配りもしていければ、

対人関係もスムーズにいくと感じています。

『困らせない』努力をしていく事が

『怒らせない』近道。

 

この本は上記のように

とても大切な事を教えてくれます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

-読書・本の紹介

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.