妻の体験談 体験談

若かりし頃の私  過呼吸・パニック障害

更新日:

妻です。

 

若かりし頃

20代前半の時、

アパレルの店長代理をしていた時

 

当時私自身、

自閉症スペクトラム(ASD)

なんて思ってもいなかったです

 

前日、バイトの子から

『金庫の鍵を無くしてしまいました(泣💦)』

と連絡があり、

当日早めに家を出た

 

電車通勤で20分で到着するのだか、

この日は鍵が心配だったため、

目の前が白いベールがかかり始め、

冷や汗と、

過呼吸気味になりながら

ホームに着くなり柱にもたれた。。

(〃_ _)σ∥

 

周りの人は、

変人扱いで助けてくれなかった。。。

 

駅員が急いで来てくれたが、

どうしても鍵を

探さなければならなかったため、

ホームから階段を座りながら降り、

従業員入り口まで壁づたいで出勤

 

ロッカーの奥の隙間に有ってホッとした

 

たぶんあの症状は軽度のパニック障害か、

離人症だったと思う

 

一時的だったため、受診もしなかった

-妻の体験談, 体験談

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.