妻の体験談 毒親 二次障害 体験談

発達障害を受け入れる困難 嫁姑バトル

更新日:

妻の投稿です。

 

発達障害を受け入れる困難 嫁姑バトル

 

ADHD・ASDは夫本人が理解し、

受け止めることを目的としています。

 

そして、家族が本人の苦手とすること、

得意なことを相互関係に基づいて

サポートしていくために

ご両親の大切な

息子さんの特性を一緒に

受け入れて欲しいと

私達は第一に

考えて欲しかったんです

 

紐解いていくと

遺伝もあると考えて欲しかったですし、

家族だからこそ

真剣に何度も何度も

話し合いを重ねてましたが、

断固として

子育ては自分の問題ではない、

私は障害者ではないと

姑は自分が否定されていると拒み、

聞く耳をもってくれませんでした。

 

私は家族の未来の為に、

ためらうことなく診断を

しましたが。。。(笑)

 

実際は診断後、

私も発達障害だったんだなと

安心をしました

 

受け手の考え方なので仕方ないところも

ありますが、夫を思うと気の毒になり

涙が止まりませんでした

 

親に愛されたいのに、分かってもらえない

血の繋がらない赤の他人である妻の私の方が

居心地が良いと言う夫

 

お腹を痛めて産んだのに、

息子の言葉に素直に

聞く耳を持てない母親

私も生きているうちにこんなにも

激怒したのは初めてでした

 

夫は私が激怒しているとき

子供を守る為に別の部屋にいましたが、

自分の母親がここまで追い詰められたところは

見たことがないと言ってました

 

私は夫を守ることだけを思い

誰よりも勉強し、誰よりもサポートし、

誰よりも愛して、誰よりも真剣に

夫をサポートしていくように

工夫を積み重ねていました。

 

その思いは今も変わらないし、

大切さを伝えるために

絶縁される覚悟で挑みました。

 

舅もだんまり一筋で

お話にならない状態だったため、

あまりの頼りなさに夫は愕然⤵

そんなやり取りの代償として、

私は鬱になりました。。。

 

現在、

やる気がでる
サインバルタ20㎎

睡眠の質を良くする
フルニトラゼパム1㎎

怒りを抑える
エビリファイ1㎎

を服用しています

-妻の体験談, 毒親, 二次障害, 体験談

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.