妻の体験談 体験談 学びになること

私(妻)のいじめられた経験について

更新日:

妻です。

 

小学生の時のいじめ

プールの時に背中の産毛を指摘した

男子がいた

 

ASDを抱えた女子は

男性ホルモンが多いらしく、

毛深い事を気にしている女子もいる

 

容姿を指摘するいじめほど辛いものはない

親から譲り受けた身体は

変えられないものであり、

対照するべきではない

 

子供は残酷で相手の傷つくことを

平気で言葉にして放つ

傷は一生残る

 

他、名前で馬鹿にされた

これも親から譲り受けたもので

変えられないものであり、

何かの言葉に転換していじり、傷つけられた

いじめっ子は大人になっても

悪気なくそのあだ名を平気で言ってくる

 

あなたに私は何をしたと言うのか。。。
名前をいじり、

逃げようのない立場は拡散され

居場所をなくす

 

された側はたまったものではない

 

教師は気付かない振りをする

 

親に心配かけさせない様に

ただひたすら時が過ぎるのを待っていた

 

中学生の時のいじめ

相手の家庭環境が悪い男子がいた

多分、

彼は愛着障害を抱えていたのだろう

 

同じ境遇同士は何となく察する

自分より弱い女子である私を

ターゲットにDV をしてきた

 

机を蹴られ内臓やあばらが痛いと

思うことはよくあった

 

保健室によく逃げた

 

他、兄はADHD要素がプラスになっており友達に恵まれていた

目立つ兄の妹

先輩のターゲットになりやすく、

女子に髪を切られたこともある

 

上記2つはやり返して自分で解決しようと努力した

小学生のときより

陰湿になっているが分かる

 

親には言わない。。。

言えない。。。

 

兄の幼なじみに助けられたりもした

誰も助けてくれない中、

本当に救われた

頻繁に守ってくれて、

本当に本当に感謝

ありがとう

 

教師は一人だけ理解があって

気にかけてくれた

ありがとうございました

 

 高校生の時のいじめ

女子はガールズトークで多弁なので、

ついていくのに疲れてしまう

 

気に入らなければ

すぐに仲間外れにされてしまう

 

何人も輪から外れる子達を見てきた

 

私も例外ではない

 

高校生になると

かなり陰湿ないじめをする

 

私の場合、

自宅の電話番号を男子校生徒にばら蒔き、

自宅はテレホンS●X状態(((・・;)

 

親に申し訳なかったのと、

気持ち悪い男子達の会話の恐ろしさに、

受話器を放置して

切れるまでほったらかしにしていた。。。

 

もう20年以上前の話だが、

いじめは鮮明に覚えているものだ❗

なぜそこまでやられなければいけないのか。。。

やった人達は、

この痛みを一生知らない

 

この件は、

親には本当に申し訳なかったと

思っているのと同時に、

理不尽すぎる世の中に苛立ちを感じる

 

 社会人のいじめ

発達障害は凸凹がある

 

私は一回の説明と一見で

大体把握する能力が高い

 

入社してすぐ即戦力になる能力を

上司は直ぐに見抜く

 

そのため、入社日から即上司に可愛がられ、

周りから反発を受ける

この繰り返し

 

人間関係で嫌になり、

転職8回
。。(〃_ _)σ∥

 

今は主婦だが、

今度就職するのなら、

手帳を取得して挑みたい✨

-妻の体験談, 体験談, 学びになること

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.