ADHD 体験談 夫の体験談

ADHDの仕事上のメリット

投稿日:

夫です。

ADHDは『障害』という言葉が入るのでデメリットばかりが目につきますが、

メリットも十分にあります。

 

長所と短所は表裏一体で、凸凹も上手く活かせば仕事で成功する事ができると私は

感じています。

 

私が感じたADHDのメリットをピックアップします。

 

チャレンジ精神…衝動性

衝動性があるという事は、好奇心が旺盛ともとれます。

仕事でも趣味でも興味があることは何でも『まずはやってみよう』という精神がでてきます。

そこから成功・失敗を得て自分で振り返りして成長につなげていけます。

 

チャレンジする時は、先の事を考えたりします。

『これは無理そうだな』『自分には向いてなさそうだな』

といってやる前から諦めてしまいがちです。

ADHDがある私は良い意味で先の見通しが立てづらいのでまずは行動を起こしてみないと

わからないのでまずはやってみようとう気持ちが生まれます。

 

興味のある事への大量の知識

ADHDや自閉症スペクトラムの傾向として『興味のある事に対しての記憶や知識』が凄い

傾向があります。定型発達の人もそのような人がいると思いますが、全体的には『広く浅く』

できる所を、ADHDの私は『狭く深く』の傾向があります。

マルチプレイヤーというよりも、1つの事に没頭できるということです。

 

仕事でも、ある特定のポジションは人並み以上に出来てそれなりに貢献できていました。

食品の製品や原料を大量に記憶する事で、人には真似できない仕事をしていました。

 

驚異的な集中力…過集中

ADHDの傾向のある人は『過集中』という傾向があります。

文字通り、過剰に集中するという事です。

過集中する事で、普段とは比較にならないほどのスピードで仕事をこなしたり、

得意な分野だったら物事を組み立てて、知識を組み合わせながら集中して仕事ができます。

 

しかしこれは少々デメリットもあります。『非常に疲れる』という事です。

仕事が終わり、家に帰ると仕事中の疲れがどっと出てきます。

痛みや疲れに鈍感なところがある私の特性も相まって家では大体眠いです…笑

 

 

まだまだありますが、また思いついたら追記します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-ADHD, 体験談, 夫の体験談

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.