体験談 夫の体験談 二次障害 愛着障害

カウンセリングを受けた経緯 生き辛さ・愛着障害をさらに克服する

更新日:

夫です。

今回はカウンセリングの話をします。

 

今まで妻に色々とアドバイスや厳しく

・優しい指導を受けて早4年。

辛いこともたくさんありましたが、

今では幸せに暮らしています。

 

それでも生き辛さはまだまだ私の課題で

 

愛着障害

不安症 (人に嫌われる事を恐れる・少しの心配事が過剰に反応し不安になる)

幼少からのトラウマ (潜在意識からくる悪夢・小学校のいじめ)

 

の3つでいまだに苦しめられています。

愛着障害に関しては

いくつか克服しつつあるものの、

潜在意識からくる悪夢や

子供をきちんと愛してあげたいのに、

イライラしてしまって愛せない時がある

など、

まだ完全に克服したとは言い切れません。

 

そんな中、

精神科の担当医と妻の勧めで

心理士さんによるカウンセリングを

受ける事を決意しました。

 

一回目の通院

精神科のカウンセリングについて 【参考資料付き】

上記の記事で説明した資料を

心理士さんに提出し

見てもらいながら悩みの根源について

話を聞いてもらいました。

やはり幼少からの嫌な思い出が

生き辛さに繋がっていることを

分析してもらいました。

 

2回目の通院

幼少の時に嫌だった思い出を

さらに深堀りして話をしました。

毒親・愛着障害の克服に向けて 自分の幼少の記憶をまとめる

この記事に書いてある内容をまとめて

心理士さんに書類で提出しました。

 

『今まで怒られつづけたり

罵倒されてきた経験に問題がありそうですね』

 

と心理士さんが要約してくれて、

 

『ストレスを適切に

対処していく事から始めましょう』

 

とこれから本格的に治療が

進んでいくような形になりそうです。

 

心理学・対人関係療法・

認知行動療法の本を読んで徐々に

認知のズレは解消されつつも

潜在意識とストレスの対処に悩んでいる

私にはカウンセリングは効果的かもしれません。

 

また、今後の治療法が固まりましたら

ブログにて投稿していきたいと思います。

これからカウンセリングを受けようとする方、

すでに受けている方にとって少しでも参考に

なれば幸いです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

-体験談, 夫の体験談, 二次障害, 愛着障害

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.