妻の体験談 二次障害 体験談

鬱 パニック障害 離人症の症状 妻編

更新日:

妻の投稿です。

今回は私が過去に患った症状を報告します。

 

鬱の症状

 

やる気が全く起きなくなりました。

死にたいというより、消えたかったです。

朝起きられなくなります。

夕方少し楽になりました。

ほぼ1日、うつ伏せで寝ていました。

人に会いたくなくなりました。

闇の中にいる感覚が強いです。

何も出来ない自分にイライラしていました。

動悸を感じます。

過呼吸になりやすかったです。

自律神経が乱れて、体温調節が出来ませんでした。

不整脈と言われました。

頭痛がひどかったです。

体調不良がほぼ毎日でした。

 

mamotuma
mamotuma
空を見上げ、何時間も雲の流れを見たり、

海の波を永遠と見ていられる状態でした。

大自然と一体になっている時の方が

楽でした。

 

パニック障害の症状

 

1日中泣き叫んでいました。

過呼吸になりやすかったです。

発作がいつ起きるかわからない

恐怖がありました。

 

離人症の症状

 

白いベールにつつまれた世界にいる感覚です。

自分の声が遠くなって

自分である感覚が鈍くなりました。

もう一人の自分が

頭上から冷静に見ている感覚がありました。

現実世界にいない感覚で夢の中にいるみたいで

恐怖でした。

 

まとめ

 

他の方の感じ方とは違うかも知れません。

 

この感覚は

なった人しか分からない世界で、

苦しみに寄り添うことの難しさや

周囲の人が軽々しく扱ったり

もしくは怖いと避けたりすると

当事者を傷つける危険性があります。

 

ただ、見捨てずに側にいるよと

声をかけてくれるだけで

救われる場合もあります。

必要以上に怖がらないで下さい。

-妻の体験談, 二次障害, 体験談

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.