体験談 夫の体験談 発達障害 二次障害

発達障害・二次障害の理解がない私の実家に対して妻が意見申し立て

更新日:

 

夫です。

前回投稿したトラウマの件で

父親と話をした件の続きです。

トラウマに関して 親は認めようとしない

私の親が障害やトラウマに対して

理解をしてくれない(以前から) 事に対して、

下記のように妻が私の父親に意見を

申し立ててくれました。

(プライバシーのため、一部文面を変更しています。

○○君は私(夫)の事です)

LINEの件、後から報告を受けました。

娘を育てることが苦しい

○○君がいることを察して欲しいです。

娘も発達障害者で

一筋縄ではいかない子育てです。

昔の子供の育て方は、

げんこつやお説教など当たり前なことは

私も十分承知しています。

○○君は今、

カウンセリングをうけている身であり、

○○君の子育てが大変だったことも

よく分かった上で今の状況を受け入れて

欲しいと思っています。

 

義母さんをかばう義父さんの

立場も分かります。

○○君ももう独立した大人ですので、

厳しい指摘で構いませんが、

ビンタや暴言がトラウマに

なっていることは間違いありません。

医者や心理士に治療している事実があり、

○○君はずっと辛かったんだと、

親として受け止めてあげるだけで

よいのではないのでしょうか。。。

お互いの歩みよりや、

受け取り側の心の問題かと思います。

○○君は発達障害者として産まれ、

今を生きている大人の発達障害者である

事実。

そして、共に生きる妻がいる事実を

いかに義父さんと義母さんは理解をするのか、

課題になっていることに気がついて

欲しいと私は思います。

頑なに、いつも同じ内容で○○君に

返信するのではなく、

カウンセリングをして弱い心から

抜け出そうとしている強い○○君を

認めてあげてください。

治療しているので、過去の育て方の正当性を

伝えるだけではなく、受け手の○○君には

辛かったと受け入れる優しさを私は

求めています。

私は○○君の実家との連絡は

極力控えたいと常に思っています。

なぜなら、理解してもらえず、

トラブルになるだけなら、

避けたいと思うのが人の心

ではないでしょうか。。。

 

しかし、私は、義父さんと義母さんの大切な

息子さんの今を生きている○○君を

支え生きています。

障害者というレッテルを拒んでいるのは

義父さん義母さんではないですか?

パワハラの件も生活費も、

私は妻として役目を果たしています。

治療も同じです。

毎回、同じ土俵に乗って

お話が出来ないのは残念です。

絶縁される恐さは

こちらはいつもあります。

身内付き合いすら

まともに出来ないのは寂しい限りです。

今回、ありがとうと○○君が

返信した気持ちは受け止めてもらえましたか?

彼なりの歩みよりで、

求めない結論を出しました。

私もそれで良いと伝えましたが、

モヤモヤしています。

ただ、LINE上で連絡が出来ているだけでも

救いです。

モヤモヤだけ吐き出させて

頂きましたがどうか、少しでも

○○君に寄り添う姿勢をもって頂けたら

幸いです。

 

それに対して私の父親から妻に返信が来ました。

最初に謝ります。
○○が発達障害として生まれ今、

大人の発達障害者として

辛い生活している事。

小さい時から障害者である事を解らず

子育てしていた事。

それが今になって理解もせず

正当性ばかり主張して来た2人!

実家での子育ては○○にとっては

怖くて辛い記憶として残っていたんだ!

この事実。

理解するのが遅すぎました。

治療して、強くなろうとしている○○、

今日LINEもらって布団の中で色々考えました。

分かろうとせずに、レッテルを拒む2人!

土俵に上がるのを拒む2人!

情け無い2人!

本当に馬鹿でした。

今気持ちはわかりました。

モヤモヤしている○○!

○○に寄り添う姿勢、

理解が遅すぎました!申し訳ありません。

 

今回もまた妻に助けてもらいました。

父親はなんとか理解を示してくれた

みたいです。

 

親を憎んだりしても前には進まないので、

今を大切に生きていこうと感じました。

私は独立し家庭を持つ世帯主らしく、

妻と娘を大事にしていこうと誓いました。

 

 

-体験談, 夫の体験談, 発達障害, 二次障害

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.