妻の体験談 機能不全家族 発達障害 愛着障害 学びになること

母から聞いた孫(娘)に対する発達障害への父親の拒絶。。。

更新日:

妻です。

昨日、母から聞きました。

 

父親から母への質問内容

父親『お前はなんで

毎日娘(私)の所へ通っているんだ?』

 

まず、おかしなところは

別れた母にお前と言えてしまう神経。。。

 

母『孫は、

発達障害を抱えているんだよ』

 

父親『そんな馬鹿なことが

あるかぁぁぁーーー!!(怒鳴る)』

 

母『診断されているんだよ』

 

兄『オレもそうだよ。

昔、落ち着きがなくてあんたに

よく怒られていたじゃん!!。。。

オレは診断していないだけだからね』

 

兄が父親に自分のことを説明するのは

初めてのことで私も聞いて驚いた。。。

 

母『娘(私)は勇気を持って診断してきて

孫と同じ様に発達障害だったんだよと

告白しているんだよ』

 

父親『・・・? 障害者なのか?

 

発達障害を知らないから、

全く理解できない様子だったそうです。

 

 

母『あんただって昔、

幼少のころ落ち着きがなかったって

言ってたでしょ? 同じなんだよ。』

 

父親『オレは違う!

 

兄『一緒だよ。遺伝するからね。』

 

父親『・・・納得いかんが、

孫と娘はそうなのか?』

 

溺愛している私と孫に対する
偏見やレッテル、そして拒絶・・・

 

母『あんたの息子・娘・孫・嫁・

娘婿・あんたも私(母)も、

みんな発達障害や愛着障害で、

嫁の実家、娘婿の実家の家族も皆、

生きにくさを抱えている障害者なんだよ』

 

母はグレーだと思っていたけど、

まさか、自分から発達障害を

受け入れているとは

思いもしていなかったので

聞いてビックリしてしまいました

 

一連の話から、

母が毎日サポートしていることへの配慮や

私の抱えていた愛着障害に対する償いも含め、

足を運んでくれ、

孫への愛情(サポート)のお陰で、

今日の午前はこうしてブログを投稿したり、

毎日2~3時間私と発達障害の生活を

支えてくれている母を私は誇りに思っています

 

今回の内容も記事にしなさい。

と言ってくれて今日、

時間を与えてくれました

感謝しています。。。(泣)

 

お嫁さんの実家。

夫の実家。

そして父親。

 

さらに、

発達障害や愛着障害を知らない

世間の方達・・・

 

または、

違う認識をしている

世間の方達・・・

 

ストレートに物事を伝えてしまうのは

私の悪いところでもありますが、

オブラートに伝えても軽視されてしまう

恐れもあり、

伝える難しさも感じています

 

私個人の考えではありますが、

発達障害として産まれ、

一番に理解して欲しい人は

やはり家族だと思います

 

育てにくいからDVをする、

ネグレクト、

暴言、など

 

発達障害を理解できずに、

苦しむ育児をする親御さんがいる

(家族間の連鎖)

 

そして、子供達も

親から適切な愛着形成が出来ず、

大人になってしまった人が

今、困って生きていることを

多くの方に知ってもらいたいし、

正しい認知をもって頂きたいと

願っています

 

1人1人違う特性のために、

サポートする側のご苦労も

娘の療育で関わる保育士や

心理士から教わることも多々あります

 

私達家族が今の時代で出来ることを

模索しながらブログにて啓発活動を

していますが、

他にも当事者会や親の会、

企業との連携も可能なのか夫と

話し合いもしています

 

資格もハードルが高く、

夫任せになってしまい

申し訳ない部分も多く、

直観力で動いてしまうため、

失敗の経験もあり自信なんて・・・

と思ってしまう日も多いですが、

動かなければ何も変わらないと

夫婦で支えながらゆっくりでも

前に進む準備をしています

 

ブログを読んでくださる皆様に、

ほんの少し背中を

押していただけると有り難く思います

 

いつも応援していただいている皆様に、

きちんとした形になるよう

取り組んでまいりますので、

これからもよろしくお願い申し上げます

管理人 家族を守る妻より

-妻の体験談, 機能不全家族, 発達障害, 愛着障害, 学びになること

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.