妻の体験談 育児・療育 体験談

療育 通園4ヶ月

更新日:

妻の投稿です。

 

娘の療育

幼稚園, 遊び場, スイング, 砂ピット, 劇場, ゲーム デバイス, 再生, ロッキングキッズ

 

1月末から療育に通い、

当初は場に慣れるまで

30分フリーズしていた娘。。。

 

少し場に慣れると遊び始め、

帰る頃に楽しいピークになり

帰りたくないと癇癪を起こしていました。

 

回数を重ねるごとに

周りの観察をしてから

みんなと同じことをする

しかし、毎回同じことをすると

飽きてしまい…

脱走---------!!

toddler girl walking on gray concrete road at daytime

 

最近、お友達の名前を言って

一緒に遊んだり、

いつの間にかフリーズしなくなりました。

パチパチ(笑)

 

お返事も出来るようになって、

お友達と追いかけっこしたり

ぎゅっ! ってハグしたり、

元気いっぱいキラキラしています。

 

保育士の先生方にも

甘えられるようになり、

関わりの経験が出来てきたんだなぁ~

と感心しています。

 

4ヶ月で

こんなに成長するんだなぁ~って

振り返るとすごい伸びしろで、

ほんとにびっくりするほどです。

 

養育は早いほうが良いという

理由を肌で感じています。

 

私達の時代には療育などなかったので、

そのまま大人になってしまいました(笑)

 

娘には、

型にはまれとは言いません。

 

団体行動の基礎を

早い段階で経験させてあげられて

幼稚園で

パニックにならない訓練が療育と

私自身は思っています。

 

お友達との関わりが楽しいと

思える訓練が療育かな?と

勝手に解釈しています。

他にも、

喧嘩しても対応を

覚える訓練が療育の一部と感じています。

 

娘の自閉症スペクトラム(ASD)を

受け入れて、経験や体験をさせてくれる

場所があって、療育して良かったと

率直に思います。

 

ペアレントトレーニングを

十分発揮させるために

先生方のアドバイスがあって、

結果、娘の安心に繋がることが

親の療育なんだと改めて思いました。

grayscale photography of woman carrying girl

 

ペアレントトレーニングのお陰で

娘との信頼関係は深くなりました。

 

週1回ですが、効果はあります。

 

先生方の優しく冷静な判断のお陰で

親子共々いきいきと生活することが

出来るようになってきました。

 

視野の狭い娘が、

この先どれだけ広がってくれるかは

分かりませんが、

いろいろな経験をして、

困らぬようサポートしていきたいと

いつも思っています。

 

-妻の体験談, 育児・療育, 体験談

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.