妻の体験談 機能不全家族 体験談 学びになること

じいじは、泥棒さん

投稿日:

妻です。

先日、久し振りに実家へ

娘を連れてお泊まりしてきました

今日はお泊まりでの父親の様子を

投稿していきます

最近、父親が勤めている元社長の自宅が

売却されるとのことで、

自宅の不用品の掃除を現社長に

命じられた父親は、

喜んで出勤しています

なぜかと言えば、

不用品の中から

自身が欲しいと思う品を持ち帰り、

あたかも社長になりきってしまうという

可笑しな行動についてまとめてみます

①父親は自身を会社の幹部だと

思い込んでいる

(現実はアルバイトの立場)

従業員他、人間全てのことを

『下々の者』と言い、

元社長と自身のことを

『我々は』と言う

自身は元社長の息子の様な

立ち位置にいると思っている

俺様は次期社長と思っていた

しかし、現社長は元社長の娘が会社を継ぎ、

気に入らないので、

『あの女社長が』と罵る

元社長の息子も勤務しているが、

気に入らないので、

『馬鹿息子』と罵る

②元社長の物品を持ち帰る
(窃盗ですね。。。)

桐の箱に入っていた木彫りの品々

熊 2体

亀 1体

猫 1体

見ざる🙈言わざる🙊聞かざる🙉

3体重なったもの

これらを自身の部屋に大切に飾り、

社長にでもなった気分で

躁状態⤴になり、

離婚した妻(母)に強い口調で言い放ち、

気高く威張っている

(現実は老化により

兄に監視されている、

ただの同居人だが。。。)

上記の様子を見てて、

優しい母は弁当を毎日持たせていたが、

行動に嫌気がさしたので気分が悪くなり、

吐き気がすると。。。

父親には、

『母も歳をとったので

弁当を作るのがしんどい』と伝え、

会社で頼む様にお願いをしたが、

プライドが邪魔をするのであろう。。。

(私の推測ですが、

父親は妻(現実には元妻)に

弁当を作ってもらえなくなった事を

会社に知られたくない、

自身の恥と思っている)

会社にお願いすることが出来ずに

コンビニで済ませているとのこと

兄夫婦は、一応弁当代を渡しているが、

会社に頼む様に促している

他、孫(娘)の気を引くために

窃盗してきた品々を

見せびらかす様な姿を見て、

皆呆れてしまう

3歳の娘は上記の内容を

父親を抜いて家族が

話をしているのを聞いて、

全て理解している

娘『じいじは泥棒さん?』

私『そうだね、いかんね。

じいじに直してもらいたいね。』

娘『じゃあ、○○(娘)が

じいじにダメだよって言ってあげる‼』

って。。。

お泊まりなので、もちろん父親とも

食事を一緒にするのですが、

足を組んで食べていたので、

私が座る際に、

どうしても父親の足が当たるため

座りにくいので、

優しく足組をしないようにお願いしたら、

小言を言われたと反応し、

怒り🔥を押さえながら

ご飯🍚に🍵お茶をぶっかけ飲み込んで

逃げて行きました

これは認知の歪み(思考のクセ)のせいで

父親を苦しめているものでもあります

『俺様に説教しやがった🔥』

『俺様は怒っているんだ🔥』

『俺様を否定しやがった🔥』

『俺様の言うことを皆が聞かない🔥』

 

こういう内容を母にぶつけてきます

これは、

利己主義で盲目になっているんだと

本人は分からないのです

可哀想ですね。。。

昔から、家族が見えていない

離婚の意味が分からない

いつまでも母親探しをしている

(元妻を母と見立て、投影している)為に、

怒り🔥を全て母に向けていく

正論で攻める子供達

(実の息子と娘)が大嫌い🔥

昔と思考が全然変わらない

『俺の育ててやった

一番でかい🍉スイカが盗まれた』と

被害妄想する

風が強い日は、

『俺が外回りを掃除してやったのに、

また🍂枯れ葉が沢山撒き散らされた』と

被害妄想する

俺が帰宅すると同時に

家の電気が消えた

『帰ってくるなってことか🔥』と

被害妄想する

ただただ、気の毒な人だと

思っています。。。

-妻の体験談, 機能不全家族, 体験談, 学びになること

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.