体験談 発達障害

『発達障害を考える』 座談会

投稿日:

妻です。

9/26(水) 大阪の江坂にて

家族3人👪で座談会に

参加してきました(*´-`)

テーマは『発達障害を考える』

高木学(@gakutsl )さんの

司会進行でスタート(’-’*)♪

メンバーはとても知識の豊富な

ツイッター仲間が集合しました

(///ω///)♪

みらいのリストさん

(@mirailist )

をこさん

(@sakashira9 )

外川律子さん

(@bY5qanDmIxVlByW )

空彩(ささ)さん

(@ysk4451322 )

ソラみ💠さん

(@she_soup )

ケンジさん

(@gido06 )
秋山芳乃さん

(@room_eden )

素敵なメンバーが揃いました❤

私達、まもる家族👪

(@KazokuAsdAdhd)

3歳の娘も当事者として参加

高木さんから

『人間って、何で対等だと思う?』

から、座談会が始まりました🎵

座談会の内容を全部公開するのは、

高木さんのお仕事に

影響が出てしまうと申し訳ないので

上記の『人間は対等』の頭だしから

興味を持って頂いた方は、

是非お会いしてみて下さい(’-’*)♪

1つだけ印象に残った内容を

書かせて頂きます(*μ_μ)♪

私なりにアレンジして

綴らせて頂きます(*´-`)

縦社会の構造を会社に見立てます

上層部から、

社長
副社長
専務
常務
執行役員
部長
課長
係長
主任
社員
パート
アルバイト

の構造を見て、

下の者は上の者に対して気を使い、

敬意をはらい指導を受けます

(当たり前の内容です 笑)

お給料も上から多く受け取る形式が

一般的かと思います

見方を変えてみます

頭だしの『人間は対等』の

一部分に繋がる内容ですが、

 

縦社会がハラスメントや

いじめに繋がる、

貧富の差が生まれることが

目に見えてきます

また、上下の者(お互い)が

発言した内容を

素直に聞けないなど、

認知やプライドが邪魔をして、

反発心や嫉妬に繋がることも

ありえます

負のサイクルですね

私達は横社会に目を向けるという

発想を何故しないのでしょうか。。。

高木さんはそこに目を向けている方です

発達・定型と別けてしまうのは、

縦社会になり、

『あの人は発達だから』

とか

『あの人障害者だって』

とかの偏見が生まれます

座談会の前日に、

夫婦で市役所に障害者手帳を

受け取りに行ってきました

夫は2級

妻は3級

でした

 

オープン・クローズに囚われず、

横社会を目指して生き抜いて行きたい

 

そして、

未来ある子供たちの人生を

より良い世の中に作り上げることが

大人達の仕事なんだと

私達夫婦は思っています

 

子供たちに沢山の笑顔を与えていきたいですね
(*μ_μ)♪

-体験談, 発達障害

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.