妻の体験談 発達障害 二次障害

障害者雇用枠で働く

更新日:

妻です。

昨年11月、障害者雇用枠で

働けることになりました。

企業側に保育室があり、

ちょうど空きが出たらしく、

就労のチャンス!!

市の保育園には入園しづらい

状況でしたので、

娘を預ける場所を確保して

就労することは本当に

有り難いと思いました。

保育室の娘の苦悩

慣れるまでの1週間は

午前中で帰宅。

早々、嘔吐、発熱。

長期下痢のため出勤停止。

11月は娘の体調回復を待つ。

12月に入り、お昼ご飯

お昼寝をして、おやつ。

15時半にお迎えが始まる。

職場の繁忙期のため

早出・残業の日もあり、

娘が不安定になり始める。

お話がまだ上手ではないが、

園での困りごとを伝えてくる。

お昼寝の際に、先生が

お腹をトントンするのが

嫌だ!と泣く。

上手く寝れない。

先生が怖い。

娘の課題と思い、

先生と向き合うよう伝える。

自ら、優しくして下さいと

先生に伝える。

少しずつ園に慣れてきた。

子供の柔軟性に驚いた。

企業側とのズレ

面接時に自分は鬱であること、

薬の処方を受けていること、

発達障害であること、

オープン勤務をしたいこと、

障害を包み隠さず

自分らしく働きたいと思い、

自分の特性を伝え、

苦手な部分、得意な部分を

聞いてもらい、配属場所を

決めていきました。

働いてみて、直ぐ思ったことは、

合理的配慮ってなんだろう?って

思いました。

娘の体調により休みが多くても

文句1つ言われませんでしたが、

仕事に対しての配慮は

ほとんどありませんでした。

私が言いたい事は、

新人教育について。

障害者とか関係なく、

入社して仕事に必要な情報開示を

社員はどう教育していくのか

明確に感じることができずに

いました。

作業中に社員に声を掛けますが、

忙しいを理由に適当で良いと。。。

この適当が困る。

周りのパートさんに聞いて覚え、

この繰り返し。

必要な道具の配置場所すら

分からない。。。

毎日手探り。

上司に相談。

出来てるから良いと言われる。

更に上の上司に相談。

私はオープン勤務のはず。

どこまでの人が知っているか

確認してみたら、内情は

クローズ。。。

一般雇用と変わらない。

他の新人よりも手早に仕事が

出来ているから、

困ってなさそうと思われていた。

対人関係も問題なさそうだが、

なにが問題??と。。。

相談は、今更言われても

迷惑と思われてしまいました。

私はASD

対人関係は苦手

仕事をする為に出勤している。

分からなければ周りに聞く。

対人に恐怖心はある。

しかし努力はする。

神経質なゆえ

鬱もひどくなる。

そこを社員には

分かってもらいたかった。

みるみる体調に出る。

動悸がする。

企業側は困惑する。

扱いにくい人物の

レッテル。。。

面談を試みる。

部署異動をお願いする。

却下される。

出来ているから問題はない。

知的障害じゃないでしょ?

あなたの要求がよく分からない。

社員は腫れ物扱い。

体調不良がつづく。

現場で倒れられると困ると

伝えられ、退職を考える。

一般雇用の給与なら

我慢出来たかなぁ。。。

そうじゃない。

私は、企業側に期待しすぎて

しまったんだ!!

上層部と現場の温度差。

現場の未熟さ。

知識・経験不足。

末端までの配慮不足。

発達障害を知らない企業。

精神疾患を怖がる社員。

会社は私の話を

理解出来なくて、

寄り添いのない環境下で

仕事をしていくことに

大きな壁を感じ、

企業側に対し

働きかける難しさもあり、

夫に退職したいと報告。

私の訴えを受け入れ

OKしてくれた。

肩の力が抜けた。。。

3ヶ月しか働けなかった。

でも障害者雇用枠は

私にとって初めての経験を

させてもらえた。

夫の会社では

夫は休職を期に

オープン勤務に変更。

障害者雇用枠になった

夫の給与は以前と変わらない。

更に、

ハローワークの方を呼び、

発達障害の講習会をした。

本当に有り難く、

夫の得意を活かし、

仕事内容の配慮をしてくれた。

感謝しかない。

ありがとうございます。

広まれ!合理的配慮!!

今回感じたこと。

障害とか関係なく、

同じ仕事をする際、

誰でも分かりやすくしていくことが

いかに大切かを伝えていきたい。

初日から困らない。

教える側も分かりやすく伝えられるため、

作業工程書などあると望ましい。

道に迷っている人がいるとする。

道順を分かりやすく、矢印など

あればきちんとたどり着くように、

仕事にも合理的な配慮があれば

誰も困らない。

新人教育にOJTがある。

社員だけではなく、

パートやアルバイトにも

OJTを設けると企業側にも

メリットに繋がるのではないか?

縦社会にするから

差別が生まれてしまう。

横の繋がりを大切にすると

誰が困っているか見えてきて、

どうすればやり易くなるのか

同じ目線で考えて

いけるのではないか。。。?

きちんと耳を傾けて欲しい。

障害を抱えていても

仕事ができる。

そんな優しい世の中を

作っていくのなら、

弱者が何に困っているのか

1つ1つ吸い上げて、

改善提案していけば

今日よりもより良い社会に

繋がると私は信じたい。

-妻の体験談, 発達障害, 二次障害

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.