妻の体験談 学びになること 未分類

ASDだから? 上から目線という言葉に困惑していました

投稿日:

妻の投稿です。

ASDだから? 上から目線という言葉に困惑していました

部屋の中のベッドの上に座っている白いドレスを着ている女性

 

私は人生で2度この言葉に違和感を感じて

ずっと引きずっていました。

 

私は自身が抱えている

自閉症スペクトラム(ASD)のために

人の気持ちに寄り添えず、言葉や表現に

問題があるのかな…

何が足りないのだろう…

そんなふうに自分に問いかけていました。

 

緑のトップを着て笑顔の女性

 

 

mamotuma
mamotuma
1度目は姑から言われました。

 

 

言われた時の背景には、

夫の発達障害の診断結果を

夫のご両親に報告するという

きっかけがありました。

 

この時、夫は親とのやり取りをとても嫌い

すべての伝達を私に丸投げしていました。

 

mamotuma
mamotuma
親子関係のことなので

本来なら私は出る幕ではなかったのですが…

 

姑も夫が反応しないので、

いつも私に伝達をしてきました。

 

姑は夫のお金のだらしなさや要求に

文句を言いながら全てを与える方です。

夫は親を使って満たすことを

当たり前と思って生きてきました。

他力本願に慣れてしまった夫。

というか、

親子で他力本願を通そうといていたのかもしれませんね。

 

話が反れてしまってすみません。

夫は多動/衝動が強く、ADHDではないか?と

診断してもらうまでに1年以上かけて説得してきました。

受け入れることの大変さも夫婦で経験してきました。

そんなセンシンティブな問題を親に伝える…(/ω\)

最悪ですね(笑)

 

mamotuma
mamotuma
嫌われる覚悟で報告

 

結果、

話の内容うんぬんよりも、

『あなたは年上の私に対して上から目線で失礼だ!!』

 

mamotuma
mamotuma
私は、大切な息子さんのことをお伝えしているんです。
嫌われてもいいです。

 

もう、こんな経験はしたくないと思いましたね(ノД`)・゜・。

 

この時の反省点として

人のクローズアップ写真

 

mamotuma
mamotuma
私が親子関係に入ったこと事態が問題。
どんなことでも
親子の問題には足を突っ込まない。

 

mamotuma
mamotuma
私が夫を診断に導き、
私が夫を発達障害者にしてしまったんだから、
姑にしてみたら最悪な嫁ですよ…

 

多面的にものごとをみることを

教えてくれた恩師のおかげで

この時は乗り越えてきました。

 

mamotuma
mamotuma
高木さん、いつもありがとうございます(ノД`)・゜・。

 

 

資格取得者

カウンセラー, ウェルネスコーチ, 男, ポインティング, 髭, 緑の目, スピーカー, 講師, 先生, 教授

 

mamotuma
mamotuma
2度目は資格取得者から言われました。

 

私の経験から発した言葉は何度か

彼を苦しめていたようです。

話の内容は経験に基づいていたので、

きっと気遣っていてくれていたのだろうと

思っています。

 

人は感情を持っています。

どこに反応をしたのか

私には分かりませんでした。

ただ、怒らせてしまった結果が

目の前に漠然とありました。

 

よく分からない状況でしたので

彼に問いかけをしましたが

冷たい対応をされました。

 

私に非があるのなら謝りたいと

お伝えしたときに

『上から目線』ほか、

『存在しない悪意』を想定し、

責めたてられました。

 

mamotuma
mamotuma

ダメージを与えてしまったのは事実。

しかし存在しない悪意については

どう責任を取ればよいのでしょうか…

本来、存在しない悪意を読み込まれると

ただただ悲しい…

 

そう思い、

彼とは距離を置くようにしました。

 

お2人の共通点

虫眼鏡を保持している女性

 

お2人は、話の内容よりも

自分の立ち位置の主張をしました。

 

姑にしてみたら、

親の自分よりも嫁が息子のことを

1番理解しているなんて有り得ない。

あなたよりも息子を分かっている。

偉そうにするな。

という気持ちだったんだろうな…

 

資格取得者の方も、

素人に馬鹿にされた!!

偉そうにするな。

という怒りが沸いたのかもしれません。

 

モヤモヤを解消するために

woman holding iPhone during daytime

 

電話講習を快くしてくれたのは

一般社団法人アイン 代表理事 荒屋明神さん。

 

 

きりさん
きりさん
話の主導権を握る為には
認められている立ち位置が必要

 

と教えて頂きました。

 

きりさん
きりさん
例えば先生。 年下でも先生なら聞く耳を持つ。

 

だからお2人は私に敵意や怒りを持ったんだなぁーと納得しました。

 

夫についても聞いてみました。

きりさん
きりさん
夫婦(家族)は感情が入りやすいから 第三者に委ねると良い。

 

たしかに(笑)

 

ASDだからと悩んだりしましたが、
ASDだからではなさそうですね(笑)
mamotuma
mamotuma

 

きりさん
きりさん
そうなんです。
症状の度合いもありますが、
空気が読めない訳じゃないんです。

仮に、脳の半分が消失してしまっても
残りの細胞同士シナプスを繋げて成長するわけです。

ASDだから成長しないわけじゃないんです。

 

ASDの自分を責めていましたが、
電話講習をして
自分のことを大切にしてあげられました。
きりさん、
いつもありがとうございます(ノД`)・゜・。
mamotuma
mamotuma

 

まとめ

woman biting pencil while sitting on chair in front of computer during daytime

 

mamotuma
mamotuma
得意を極めるとそのフィールドで活躍できる。

聞く耳を持ってもらえる訳です。

 

 

今までの私の経験

お恥ずかしい話、ポンコツの私は

下記のように中途半端に知識を持っていたり、

経験してきたことがずらずらとあります。

 

離婚経験1回

家庭裁判所に離婚の申し立てをして

取り下げた経験があります。

 

元夫と元姑が発達障害っぽい特性があったため、

約20年ほど前からADHDの存在を知っていて

たまたま素人のくせに知識を持っていました。

当たり前の様に発達障害に関わる言葉を

使ってしまうど素人の私はやっぱり

NGだと思いました。

 

私は某生命保険会社に勤めていた時期があり、

なんとなく保険の仕組みを知っています。

他、

家の購入に立ち会っている回数は

3回あり、家の設計にも素人ですが2回

設計者と一緒に設計図の考案に

携わった経験をしています。

他、

某葬祭センターに勤めていた時期があり、

葬儀や血縁関係、遺産相続の仕組みを

なんとなく知っています。

他、

相続(相続放棄)の経験もしています。

司法書士と共に交渉を進めた経験もあります。

 

アパレルに4年ほど勤めていたので

ASDだから接客が出来ないとは思っていません。

行動パターン、表情、声のトーン、など

観察し、分析も出来ます。

ただし、人の全てなんて難しすぎて分かりません。

 

どれもこれも

単なる経験でしかなく、

プロと言われる領域ではありません。

 

おかしな話、このど素人の私がこれから先、講師になります。

mamotuma
mamotuma
2月に機能不全家族の講師を私はします。

 

mamotuma
mamotuma
原島さん、
いつも助けてくれてありがとうごさいます
(ノД`)・゜・。

 

mamotuma
mamotuma

私には恩師が3名います(´艸`*)♡

自分の人生がまさかこうなるとは

全く思っていませんでした。

 

mamotuma
mamotuma

自身の人生のつまずきの

きっかけになった方達がいたからこそ

己を学ぶことが出来ました。

 

mamotuma
mamotuma

全てのことに関して、

感謝こそが 己の足るを知る一番の

方法なのかもしれません。

mamotuma
mamotuma
最後に

『上から目線』という言葉を
使ってしまう方達に対して敵意がある訳ではなく、
その方たちに何かしら伝わってくれると良いなと思っています。

地位や見た目に囚われて、
他者の話の内容を聞けないのはもったいないことでもあります。
ど素人は真っ白だからこそ
そこに気付きが転がっていることもあります。
プロにはない観点もあります。

耳を傾けてみると
新しい発見があるかもしれません。
先入観で決めつけず、視野を広げると
今までと違う世界に出会えるかもしれません。

関わってくれる皆様、
本当にありがとうごさいます。

 

-妻の体験談, 学びになること, 未分類

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.