妻の体験談 毒親 機能不全家族

機能不全家族脱却後 母の課題と取り組み

投稿日:

妻の投稿です。

私の機能不全家族脱却後何が起きたのか

昼間に砂漠を歩く女性のグレースケール写真

 

私は親に依存しないと決意して以来、

ブレずに自分を保つことに努めました。

 

後から母自身から聞きましたが、

私の頑なな態度や姿勢は一貫していたので

母なりに何かを感じ動き始めたと…

 

このままではいけない

 

本能的に娘ともう会えなくなる…

気付いたらタブレットで

毎日のように

毒親・発達障害等のキーワードを検索して

無我夢中で勉強し、

自分の課題に向き合っていたそうです。

 

『娘と向き合いたい』

 

電話を受け、

母の切実な想いをなんとなく

読み取れたので

遊びに来ることを約束しました。

 

母は真剣な顔をして

私に会いに来ました。

 

母の想い

woman walking on side of the road

 

娘を失う怖さ…

 

自分のお腹の中で育った娘

こんなに愛おしい存在の娘

窮地に立たされてやっと気づきました…

 

『ごめんね…』

 

玄関先で必死に言葉にしがみつき、

恐る恐る家の中へ入ってきた母に、

私の出来ること。

 

先ずは聞くことに徹する。

 

初めは父の老後の生活について

話しやすいものから。

 

父を施設に入れたいけど、

どうしたら良いか母の悩みを

聞きながら、

幼少のわたしの話、

兄妹の話、

親子関係の話を2時間ほど語りました。

 

私は自分が変わるきっかけになった

1冊の本の存在と

キーワードとなった言葉を

母に伝えてみました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森田療法 (講談社現代新書) [ 岩井寛 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2019/12/19時点)

楽天で購入

 

 

 

 

mamotuma
mamotuma
『あるがまま』

 

このワードを使って

今までの私という存在全てを

私自身が丸ごと受け止め認めていったこと。

どんな私でもありのままの姿でよいこと。

過去も今も未来も私はわたしであって、

ありのまま存在してよいこと。

 

自分の想いを伝えていったら

「感情的になってごめんなさい」 と

涙を溜めながら謝って来ました。

 

機能不全家族

世代連鎖

発達障害

毒親

毒子

受容

劣っていることの存在や事実

 

あんなに頑なに

全否定していた母親は

「あるがまま」の言葉で

全てを受け入れることが出来て、

母親自身までも救われていきました。

 

mamotuma
mamotuma
歪み合わない。

互いを認める。

 

母は自身をあるがまま受け入れて

生きて来なかった。

娘に依存して自身の思い通りにしたかった。

上手くいかず苦しかった。 と、

正直に話してくれました。

 

緑の葉の木を通る太陽光

 

mamotuma
mamotuma
「産まれ良かった。ありがとう」

それだけでいい。

あるがまま。

 

ポンコツ家族で

ポンコツな自分だけど、

家族になれて気づいた。

それでいいのだ。

 

母親の心が軽くなった瞬間を

私は立ち合うことが出来ました。

世代連鎖。

長い呪縛から母と娘は 脱却出来ました。

 

自然体。

とても心と身体が楽です。

ありがとう。

 

母の取り組み

woman doing chin gesture while taking photo

 

夢の中に、

幼少期の私が現れる様になったそうです。

同時に母自身の幼少期も。

潜在意識が沸いてきて、

気持ちの整理が出来ていると

何か変化があるたび報告を受けます。

可愛らしい母の幼少を垣間見ます(´▽`*)

 

実家の家族にも

素直に家事の手伝いを

お願いするようになったと聞き、

ホッとしました。

 

抱え込み過ぎて

キレるよりも

心が楽になることを覚えたと

笑顔で語ってくれます。

 

発達障害に関しても

私の困りごとが見えるようにも

なっています。

 

幼少から工夫して生活していた私にとって、

当たり前になりすぎている行動に

母から見ると不思議な行動が多いと

気付き始めました。

 

『よく時計を見るね』

mamotuma
mamotuma
あぁ、逆算して行動する癖かな?(笑)

『よくメモをするね』

mamotuma
mamotuma
あぁ、ワーキングメモリーって言ってね、
記憶出来ない、忘れっぽいからね(笑)
こうしないと生活できないんだよねーーー(笑)

『このメモは?』

mamotuma
mamotuma
(笑)面白いでしょ!!
幼稚園の送り迎えの時間、
毎日同じだけど書いとかないと
度忘れする時があるんだよね…(笑)

まだまだ沢山の困りごとはあるけどね(*´▽`*)

『こんなに大変な思いをしていたのね…

子供の時に気付いてあげられなくて、

本当にごめんね…』

 

mamotuma
mamotuma
ありがとう、お母さん。

母親から連絡があり、実家へ

家の横にある紫色の花のフィールド

 

久しぶりに家の中に入りました(笑)

機能不全家族のバトル後から母と和解。

お互い気楽に接することが出来ています。

素直に人生が楽になり、

楽しく感じています。

 

自他課題の分離

あるがまま

共存

共助

 

母親も新たな人生を歩いてみて、

楽しいと言っていて

こころから安堵しています。

 

母の心残り

man in black denim jacket

 

私の親離れは、

母は心から喜んでくれています。

母は息子の人生に向き合おうとしていますが、

上手く伝わっていかないと苦戦中。

 

mamotuma
mamotuma
それは兄の課題だから。

 

兄はまだ時間がかかりそうだと

母自身分かっているけど、

自分の寿命を気にしている様子。

 

『自分が亡くなったら、妹に依存する』

兄嫁もそこを心配している。

 

mamotuma
mamotuma
そうねー。
シスコンだからね。
兄本人は気が付かないもんだよね。
mamotuma
mamotuma
本人が困らないと

向き合うきっかけなんて起こらないよ。

mamotuma
mamotuma
わたしは出来ることしか
手伝わないし、
兄自身にコントロールされないように
出来ないことはハッキリ言うよ(笑)

母にも出来ることから楽しむように

先ずは自分を大切に生きることを伝えています。

 

mamotuma
mamotuma
自他分離の大切さ。

他人軸ほど自分を苦しみに追い込みます。

-妻の体験談, 毒親, 機能不全家族

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.