発達障害 ADHD対策 夫の体験談 ADHD処方薬

ADHD治療薬 コンサータ服用したときの話

更新日:

※夫の投稿になります

 

メンタルクリニックにて、ADHD治療薬の一つ

である『コンサータ』を服用したときの話

になります。

 

ADHD治療薬は薬の効き目に個人差があるので

参考として見て頂ければ幸いです。

 

コンサータ(メチルフェニデート)とは

メチルフェニデート英語Methylphenidate)は、精神刺激薬である[1]。日本ではリタリンRitalin[2])と、徐放製剤のコンサータConcerta[3])が認可されている。同効薬として、精神刺激薬のアンフェタミンペモリンモダフィニルなどがある[1]。リタリンの運動亢進作用は強度と持続性において、アンフェタミンとカフェインのほぼ中間である[1]。通常、成人は1日20〜60 mgを1〜2回に分割し経口摂取する[1]。構造的にドーパミンやアンフェタミン、ペモリンなどに類似したピペリジン誘導体である[1]

引用元…Wikipedia

簡単に言うと、多動・衝動性を抑えながら、

不注意を改善し集中を持続できるお薬です。

 

コンサータを処方してもらった経緯

職場でのストレスが当時は大きく、不注意

によるミスがありました。

 

ミスをすると激しく叱咤する先輩社員も

いたため、仕事の能率を上げるために

主治医に相談しコンサータを服用して

もらいました。

 

コンサータ効果(自分の場合)①… 集中できる気がする

 

コンサータを飲み始めて短期間で、

周りの雑音が聞こえづらくなり、集中しやすい

環境にはなりました。

 

ただ、世界が変わるくらいに

雑音がシャットアウトして目の前の

事に集中できるかと言われたら疑問で、

あくまで『集中できる気がする』

程度のものでした。

 

コンサータ効果(自分の場合)②…神経過敏になる

 

これはどちらかいうとデメリットになります。

集中力があがったからなのか、

薬の効果なのかは定かではありませんが、

神経が過敏になる体質になりました。

他人の声が聞きとりやすくなったため

相性の合わない先輩社員の悪口が

耳にクリアに入ってきたりして

嫌な気分になったりしていました。

 

また、元々神経質で心配性な気質が

強まり、ちょっとのことで不安になり

結果的に仕事に集中できずコンサータの

メリットが活かせないという時も

多かったです。

 

コンサータ効果(自分の場合)③…動悸、疲れやすい

 

こちらもデメリットになります。

動悸が激しくなり、ちょっとの作業で疲れてしまい

仕事が終わって家に帰ると全エネルギーを使い果たした

かのように疲れ切ってしまい寝落ち

してしまうといったことが多々ありました。

 

コンサータ効果(自分の場合)④…イライラしやすくなる

 

こちらもデメリットになります。

些細なことでイライラしやすくなり

(おそらく神経過敏になっている事が原因)

家族との喧嘩が増えてしまっていました。

 

デメリットが多く、2か月で服薬中止しました

 

仕事の効率も大きく上がる訳でもなく、

デメリットによりストレスが増える体質に

なってしまったため、主治医に相談し

服薬を中止してもらいました。

 

メリットを感じなかったらすぐ主治医に相談!!

 

これは経験からお伝えしたいことです。

薬の効果は人によって個人差がでることが多く、

ネットの情報通りの効果が出る人、出ない人が

必ずでてきます。

 

特にADHD治療薬は個人差が大きいと感じています。

効く人もいれば効かない人もいたり…

副作用ばかり出て心身の調子を崩したり…

 

コンサータは私に合わないと判断し主治医に相談し

早めに服薬中止することができました。

ただ薬によっては自己判断でスパッと辞めてしまうと

離脱症状で副作用がひどくなったりすること

があるので必ず医師の判断があるまでは自己判断

しないように注意をお願いします。

 

 

みなさまが薬と上手に付き合い、快適な生活を送れる

ことを心より願っています。

-発達障害, ADHD対策, 夫の体験談, ADHD処方薬

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.