夫の体験談 学びになること

気付いたら他人軸になってた… 自分軸へシフトチェンジ

投稿日:

※夫の投稿になります

 

気付いたら他人の軸で生きていた…

夫
○○が言う事でまた自分は
嫌な気持ちになった

会社に行きたくない…

ほら!また他人軸になってる
mamotuma
mamotuma

会社から帰宅後のよくあるやりとりです。

他人軸という言葉は妻がよく自分にむかって

いっている言葉なので最初はなんなの?!

といった態度をとっていました。

 

ただ自分を見つめ直すためにブログをここ

最近は毎日更新しているので他人軸という

言葉を深く知りたいと感じ今回の記事の

題材にしました。

 

他人の言動や価値観で悩んでいる方の

参考になれば幸いです。

 

他人軸とは??

そもそも他人軸ってなんだろう?

気になって調べました。

簡単にいうと

『他人の価値観に左右される』

『他人にどう思われるかを気にしすぎる』

『他人に嫌われることを恐れる』

この3つがあげられます。

 

他人の価値観に左右される

他人の価値観に左右される人は他人軸で

生きている人といえます。

 

人それぞれ価値観は違い、まったく同じ価値観

の人はほぼいないはずです。

他人の価値観に振り回されると、自分を見失う

と共に、疲れやすくなってしまいます。

 

他人にどう思われるかを気にしすぎる

他人にどう思われるかを気にしすぎると、

自分に自信を失ったり、自分らしくいれない

などの弊害が生まれます。

 

他人の心の中を詮索することは

とても難しいことで、どう思われるかを

気にしぎることは悩みを生み出し、

本来悩む必要のないことまで

悩みになってしまいます。

 

他人に嫌われることを恐れる

他人に嫌われることを恐れるのは

多くの人がもっている感情です。

 

しかし過剰になると常に他人の顔色を

伺いながらコミュニケーションを

とったり、八方美人になって無理して

愛想を振りまいたりしてストレスが

たまる可能性が高まります。

 

他人軸→自分軸にシフトチェンジ

他人に振り回されてストレスを

感じやすい過剰な他人軸の自分…

どうしたらストレスを感じにくく

なるのか?

 

他人軸→自分軸にシフトチェンジ

することで生きやすくなるはず。

 

どうしたら自分軸になれるのか?

これは妻と話し合いました。

mamotuma
mamotuma
・自分のことを大切にする
→沸き起こった感情をそのまま受け止めてあげる
(自分の感情を大切にする)

・感情を否定しない
→川の流れのように受け流す感覚

・自分が何をやりたいのか
→一歩一歩前に進む・認識をする(積み上げ作業)

・ありのままでいいんだという受容

 

この4つを重点に生きると他人の

事が気にならなくなる。

 

妻は自分軸を持てたのは、

森田療法のおかげでした。

 

 

なるほど、理解できました。

ありがとう!早速実践して

自分らしく生きていこうと感じました。

 

-夫の体験談, 学びになること

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.