夫の体験談 学びになること

怒られるのが怖い?

投稿日:

※夫の投稿になります

会社で怒られることは多くの人が

経験したことあるはずです。

 

しかし自分のように、怒られる事に

過剰に反応し恐怖や嫌な気分に

なったりすると会社で働くのが

苦痛になったりします。

 

なぜ怒られるのが怖いのか?

なぜ過剰に反応してしまうのか?

同じ境遇で困っている方の参考に

なれば幸いです。

 

なぜ怒られるのが怖いのか

怒られるのが怖い原因…

よく考えてみました。

実家での家庭環境、学校生活…

怒られ続けた過去がありました。

 

実家では父親に普段の行動や態度に

激怒され続け、兄には上から目線で

怒られ、母親には気に入らないことが

あると怒られ否定され続けた過去に

原因がありそうです。

 

学校生活では幼稚園~中学まで

問題児で他の人がしないような行動

をとったり、不注意で怪我をたくさん

したりで先生や顧問の先生に怒られ

続けた事を思い出しました。

 

やはり過去の積み重ねで

怒られる=嫌な気分になるという

刷り込みがされているのかな…

と感じています。

 

なぜ過剰に反応してしまうのか

これは以前投稿した他人軸の話

と関連付けると府に落とすことが

できました。

(関連記事はこちら↓)

気付いたら他人軸になってた… 自分軸へシフトチェンジ

怒られる=嫌な気分になるという

過去の積み重ねと、

「相手に嫌われたらどうしよう」

 

という他人軸による恐怖のセットで

怒られる瞬間にスイッチが入ったように

態度に出てしまったりする自分に

気付くことができました。

 

恐怖から脱却するのも自分軸が重要!

怒られる=怖いということは

他人に機嫌に過敏に反応してしまう

自分(他人軸)と、

自分の欠点を否定されたりするのを

受け止められないのが

原因と感じています。

 

そこで自分のありのままを受容できる

自分軸の生き方にシフトすることで、

怒られる恐怖と怒られた瞬間に過敏に

反応することを減らせるはずです。

 

自分軸の生き方…

自分の課題の様々なところで効き目が

ありそうです。

 

妻おススメの森田療法、読んでみよう。

 

 

 

-夫の体験談, 学びになること

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.