発達障害 自閉スペクトラム症(ASD) 二次障害 妻の投稿

発達障害の診断を受けた理由(妻編)

投稿日:2018年3月16日 更新日:

妻の投稿です。

発達障害の診断を受けた理由

person writing on white notebook

 

mamotuma
mamotuma
私が発達障害の診断を受けたのは、
40歳になってからです。

つい最近なんです。

 

診断の経緯は下記の4点です。

mamotuma
mamotuma
①先に夫が通院していました。

②発達障害は遺伝性がありますので、
娘も同じ精神科で受診・診断を受けました。

③私も発達障害に当てはまる部分を感じていました。

④嫁姑バトルで疲労困憊してしまったので
メンクリに行こうと思っていました。

 

結果は

mamotuma
mamotuma
うつ病 (27歳に発症) の再発
自閉症スペクトラム(ASD) の診断

でした。

 

実際は、

愛着の問題と区別がつかないと言われています。

他、アーレン症候群の可能性もあると

教えていただきました。

 

今思うと、

自閉症スペクトラム(ASD)に

当てはまる部分が多々ありました。

 

洋服のタグが苦手

 

音・光に敏感

 

女性の輪の中に入れない

 

完璧主義

 

人間関係が苦手で

気の許せる友人がほとんどいない

 

 

子育てに影響が出るため

うつ病を治すのが第一前提なので

薬を処方してもらいました。

 

フルニトラゼパム

…不眠症治療薬

 

サインバルタ

…SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

→やる気を出して不安を和らげる

 

次回は診断時に提出した

生い立ちを投稿します

 

 

(Visited 18 times, 1 visits today)

-発達障害, 自閉スペクトラム症(ASD), 二次障害, 妻の投稿

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.