妻の体験談 体験談 発達障害 学びになること

父親の境界性パーソナリティ障害? そして兄へのメッセージ

更新日:

妻です。

父と兄へのメッセージです

父親の境界性パーソナリティ障害?
そして兄へのメッセージ

父親は大人として未熟であり、

『不全感』を感じる

 

常に代理の母親を探しているような

違和感というか。。。

 

幼児化(退行)して見える

 

母と離婚後、

監視のため同居していた時に、1度だけ手紙を渡した

『新聞が読めるなら私の手紙も理解出来るはず』と

渡しました

 

内容はうるおぼえですが、

下記の様な文面を書いた記憶があります

 

現実的な問題

(問題は父親自身の中にある)を

明らかにして解決の糸口を探るため、

幼少期などの記憶等、

視野を広げ、

思考力を高めて欲しいこと

 

そして、

他者(家族)にも事情があり、

考慮して欲しいこと

 

これらを自己判断して欲しいこと

 

いつも自分がこうして欲しいだけではなく、

他者に対してどうすれば良いか

もっとも理解出来るのは

自分自身のはずです。。。

 

別れた妻を母親の様に見立て

ぴったりくっついているのではなく、

距離をとること

 

相手にも普通の生活があるのだと

思いやって欲しいこと

 

自分を客観的にみてどう思うのか?

 

長男、長女の立ち位置など

個々が見えているか?

 

など。。。

 

返答は
『俺に死ねと言っているのか』
でした

 

母は離婚した理由を

再確認しただけだったと絶句

 

やはり理解出来ないか。。。

 

私は
『生きているうちに気付くと良いね』
と、無感情で優しく接してあげました

 

兄はまだ気付かない

父親の内面に期待しても無駄である

にも関わらず、

どこかで父親を求め期待している

兄がいることを。。。

 

まだ手放さない

老後の資金に私にまで負担させないためだ

と言ってくれているけど、

母の立ち位置はどう説明するのだと

いつも思う

 

母だけではない
兄嫁もツラいと言っている

にも関わらず。。。

 

幸せとは個人個人違うし、世帯が違えば、

尚更首を突っ込む訳にもいかず、

もどかしい

 

もう何年も同じことを思う自分だが、

これは兄貴の問題であって、

向き合うのも兄貴自身である

 

父親は75歳になり、

わざとらしくボケているのか

痴呆なのかさっぱり分からない💦

 

ただ、父が障害を抱えて

産まれてきたことだけは

DNAを受け継いだ

私達は分かっているはず。。。

 

尊敬する兄へ

君も心理学をかじったから

分かっているはずだよ。。。

 

君も発達障害であり、

診断しない生き方を望んでそこにいる

 

兄妹でこんなにも生き方が変わるとは

思いもしなかったよ

 

可愛いげのない妹より

-妻の体験談, 体験談, 発達障害, 学びになること

Copyright© 大人の発達障害・愛着障害ブログ 『こころのまなび』 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.