発達障害 ADHD対策 ASD対策 読書・本の紹介 夫の投稿

発達障害を抱える人に必要な自律スキル

投稿日:2020年2月18日 更新日:

※夫の投稿です。

 

発達障害を抱える人には

『自律スキル』

を身に付けることが社会での

生きづらさ軽減に繋がります。

 

今回は自律スキルに関して

説明していきます。

 

『自律スキル』とは?

自律スキルとは、

自分でできること、できないこと

を自分自身で判断できるスキル

のことです。

 

つまり、自分の能力やスキルを

客観的に把握して自分の能力で

できるかできないかを判断し、

できない場合には『できない』と

意思表示できることが自律スキル

のある人といえます。

 

自律スキルが不足していると?

自律スキルが不足していると

出来る・出来ないの判断があいまいに

なってしまい、本来の能力以上の仕事

を簡単に引き受けてしまったり、

本来ならできる仕事のはずなのに

できないと断ってしまったりと損する

ことが多くなってしまいます。

 

発達障害を持つ人は、自分自身を

客観視する力が不足している傾向が

あるので、自律スキルも意識して

身に付けないと上手くいかない

場合が多いです。

 

自律スキルを身に付けるには

自律スキルは自分の意識付けと

自分に合った環境で成功体験を重ねる

ことで身に付けていけます。

 

自分は何が得意で何が苦手なのか

を紙に書いて確かめてみたり、

信頼できる人に自分の現状のスキル

を訪ねてみることで自分はどのくらい

力があるのかを客観的に確かめる

ことができます。

 

また自分にあった環境で成功体験を

重ねていくことで、本来ならできること

をできないと判断することが減り、

自分に自信がついていきます。

 

自分に合った環境を探すためには、

最初に自分の得意分野を見つけること

が大切です。

 

発達障害を持つ人は得意と不得意の

アンバランスさが健常者より強く出る

傾向にあるので、得意な分野を極力

活かせる職場で働くことで仕事が苦痛

になりにくく楽しく働けるはずです。

 

障害者手帳を持つ人は、障害者雇用で

障害をオープンにすることも一つの

手段になります。

配慮も受けやすくなり得意な仕事にも

就ける可能性も高まるからです。

 

自律スキルについてわかりやすく書かれた書籍

 

本書は女性の発達障害をメインに

書かれていますが、自律スキルに

関しても簡潔にわかりやすく記載

されていますので、男女問わず

おすすめの書籍になります。

 

(Visited 33 times, 1 visits today)

-発達障害, ADHD対策, ASD対策, 読書・本の紹介, 夫の投稿

Copyright© 大人の発達障害ブログ  , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.