発達障害 自閉スペクトラム症(ASD) 夫の投稿

ASD(自閉スペクトラム症)の困りごとについて

投稿日:2020年2月22日 更新日:

※夫の投稿です。

 

発達障害の症状のうちの一つの

ASD(自閉スペクトラム症)

について記事を書いていきます。

 

TwitterでASDの困りごとについて

投票をしたのでそちらの考察を

メインにまとめていきます。

 

ASD(自閉スペクトラム症)とは?

2013年より導入された診断名で、

英語だと

Autism Spectrum Disorder

…自閉スペクトラム症障害

『高(低)機能自閉症』

『アスペルガー症候群』

『広凡性発達障害』が虹の連続体

=スペクトラムとしてひとまとめになった

ものとして捉えると分かりやすいです。

なので、かなり症状にも幅があります。

 

世間一般的には

『アスペルガー症候群』

と言った方が伝わりやすいように

感じます。

(2チャンネルでは『アスペ』

と略されているそうです。

私は見たことありませんが…。)

 

②症状は??

 

対人コミュニケーションの困難さ

・社会的なやりとりや暗黙の了解、

阿吽(あうん)の呼吸に困難を感じる

 

・しぐさやジェスチャーなどの

非言語のコミュニケーションを

読み取るのが苦手

 

・その場の『空気』『雰囲気』

『人の気持ち』を読み取るのが苦手

 

物や行動に対するこだわり

・特定の動きや言葉を繰り返し行う

 

・配置や道順などに強いこだわりを持つ

 

・特定の分野や興味のある分野は

重箱の隅を突くほど極める

 

感覚過敏・鈍感

・特定の音や光、感触などが敏感

だったり、こだわりがある

 

・逆に鈍感な場合もある

 

TwitterでASDの困りごとを聞いてみました

 

386票と沢山の方々からの投票を

頂きました。いつも皆様ありがとう

ございます!

 

全体的に僅差の結果となりました。

ひとつひとつ考察していきます。

 

雑談に合わせる

今回の投票では2位になりました。

雑談はちょっとした世間話や

どちらかというと目的の薄い

会話のことです。

 

互いの中を深めるために雑談も

時には必要と感じますが、ASDを

抱える人は目的の薄い会話や

その場しのぎの会話が苦手な傾向

があるので雑談が苦痛に感じる人が

多いのは今回の投票で実感する

ことができました。

 

空気を読むことが苦手

今回の投票では4位になりました。

4位といっても約2割の投票数なので

空気を読むことが苦手・苦痛を

感じている人がそれなりにいること

を実感できました。

 

私も空気を読むことが苦手で場に

そぐわない行動や他人を気遣いながら

の行動が苦手でよく妻から指導が

入ります…笑

 

中には空気は読めるけど、読み過ぎて

行動に移せないといった人もいるので

ASD=全員空気が読めないというわけ

ではなさそうです。

 

発達障害は一人一人症状が違うので

ADHDだから…ASDだから〇〇

というふうにくくりで人を判断する

のは少し違うように個人的には

感じています。

 

冗談を真に受けてしまう

今回の投票では4位になりました。

ASDの人は冗談や比喩表現が苦手な

傾向があります。

具体的には社交辞令でよく使う

『また今度食事にでもいきましょう』

という言葉を真に受けてしまい

『いつにするかすぐ決めましょう』

と言ってしまい、言った側が困惑…

ということも。

 

私も冗談が読み取れない方で

よく『そうなんですか!?』

と相手の冗談を真に受けて

相手があっけにとられること

もしばしば…笑

 

これもキャラとして成立してれば

笑いにも変えられるので必ずしも

デメリットというわけではないと

感じています。

 

抽象的な言葉を読み取りづらい

今回の投票では1位の結果になりました。

抽象的な言葉で代表的なのは

『あれ』や『これ』といった表現です。

ASDを持つ人はあれやこれといった

曖昧な言葉を読み取るのが苦手な

傾向にあります。

 

私も『あれやって』・『これとって』

といった抽象的な言葉がわかりづらく

思わず『あれって何ですか?』

と聞き返してしまいます。

 

そんなのもわからないの?

と渋い顔をする人もいますが、

わからないまま失敗するよりは

きちんと聞き直して自分で正しく

理解をしてから行動した方が

お互いのストレスにもならないです。

 

抽象的に言われたら具体的に

言い直してもらうコミュニケーション

が大切と感じます。

 

(Visited 57 times, 1 visits today)

-発達障害, 自閉スペクトラム症(ASD), 夫の投稿

Copyright© 大人の発達障害ブログ  , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.