ADHD 自閉スペクトラム症(ASD) 夫の投稿

車の運転がとても下手でした ADHD夫の体験談

投稿日:2020年3月20日 更新日:

最近真面目な話が多かったのでたまにはクールダウンで過去の笑えない体験談を話そうと思います。

車の運転についてはADHDあるある的なところもあると思うので興味のある方は見て頂けたら幸いです。

 

教習所では延長をして期限内ギリギリで合格…

 

私は大学4年生のときに、運転免許をMT(マニュアル)でとりました。その当時は自分がADHDとも知らず過ごしていました。

教習所の訓練ではマニュアルのクラッチを足で操作することが上手くできず、エンストの常習犯でした…(笑)今思うと足の操作をしながら左腕で変則したりといった複数の動作が苦手なADHDの特性がでていたんだと思います。

なかなか運転が上達せず、規定の講習回数でスキルを覚えることができず延長してなんとか期限内ギリギリで免許をとることができました。

 

運転は複数動作を一度に行うマルチタスク

 

運転は周りの安全を確保しながら、速度にも注意を払いハンドル操作とブレーキ操作やアクセル操作などなど…一度に複数にやることが多く、ADHD・ASDを持つ自分にはなかなか向いていないな…と痛感しました。

 

不注意によるサイドブレーキかけ忘れ

 

これは新社会人になって一人暮らしになり自分の車を持った時の事件です…

アパートを車で出ようとしたときに忘れ物があったことに気付き、慌てて自分の部屋に忘れ物を取りに行こうとしました。しかしエンジンは切ったものの、サイドブレーキをかけ忘れてしまいアパートの駐車場は傾斜になっていたので気付いたら「ガシャーン!」と大きな音が…

慌てて戻ったら車がもとにあった場所にない!きづいたら駐車場途中のカベに車がぶつかっていて、突起部分がガラスに衝突しガラスが割れてしまっていました…車の損傷のみで済みましたが近くに人がいなくて本当に良かったです。

 

ストラテラと妻のおかげで運転が上達?

 

ADHD処方薬のストラテラと妻という第二の教習の先生のおかげ?もあり、過去7回も車をぶつけた経験のある自分が車をぶつけなくなりました。薬を飲まない頃よりも、周囲の状況確認や距離感が上達した感覚があり、薬の効果はあるんだろうな…と実感することができました。

ただ運転が劇的に上達したわけではないので休日の運転はいつも妻にお願いしています。妻は運転がとても上手です。

 

車通勤→自転車通勤に変更

 

転職した先でも最初は車で通勤をしていましたが、駐車場も狭く隣の車にぶつかりそうなこともしばしば…いつかぶつけてしまうだろうと恐怖を感じた私は妻と相談し、思い切って車を1台手放し車通勤→自転車通勤にすることを決心しました。

 

 

 

最初はイオンで自転車を買いました。自転車の楽しさにハマっていった私は自転車が新たな趣味となりました。

 

 

 

そして1年半後には本格的なクロスバイクを購入しました。自転車通勤は節約にもなりますし、運動不足解消にもなるのでメリットが沢山です!そして走っている時の清々しさがたまらないです。周囲に注意しながら交通ルールを守りさえすれば自分にとっては車よりも安全な乗り物と感じています。

 

 

 

(Visited 33 times, 1 visits today)

-ADHD, 自閉スペクトラム症(ASD), 夫の投稿

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.