発達障害 ADHD 夫の投稿

朝やってはいけないこと 

投稿日:

今回は『朝やってはいけないこと』に関して記載していきます。

詳細を知りたい方は続きを見て頂けたら幸いです。

 

 

朝はネガティブを予測すると悪影響が…

 

朝いちばんやると1日に悪影響を及ぼすのが「ネガティブなことを予測する」ことです。

ネガティブな予測をしてしまうことで、

・決断力の低下

・記憶力の低下(特に短期記憶)

・欲望に負けやすくなる(ズルをする)

といったデメリットがあります。

 

仕事をしている人は特にこのデメリットが大きく影響してしまい、仕事の生産性が下がる要因になってしまいます。

私自身も出社前によく「今日も怒られるかな…」とネガティブな予測をよくしてしまっていました。思い返してみると、確かに短期記憶がいつもより悪かったり、仕事の生産性が落ちてしまっていたり、ミスしたりと良くない結果になっていました。ADHDでただでさえ短期記憶が苦手なところに追い打ちをかける形になり、発達障害を持つ人にとってネガティブ予測は大敵です。

「思考は現実化する」とよく言いますが、まさにその通りだと感じています。

 

 

朝やった方が良いこと3つ

 

朝の行動や思考次第で1日の過ごし方が決まるといっても過言ではないです。前述では朝やってはいけないことを記載しましたので逆に朝やった方が良い事を紹介します。

朝やった方が特に良いことは

・ポジティブな気持ちを保つ

・朝コップ一杯の水を飲む

・太陽の光を浴びる

の3つです。

朝起きたらカーテンを開けて太陽光を浴びると、睡眠ホルモンのメラトニンを抑制してくれるそうです。そして朝いっぱいの水を飲むと、水分補給にもなりますし胃腸の状態が良くなります。

ポジティブな気持ちを保つのは場合によっては難しいかもしれませんが、1日の終わりにご褒美を設けたりするなどして「今日の仕事が終わったら美味しいごはんが食べれる」「帰ったら好きな映画やアニメを見る」といったように考えることで1日をポジティブに過ごす心がけをしてみると効果的です。

朝ネガティブな予測をしてしまう人はぜひ朝やった方がよいこと3つを試してみて快適な1日を過ごせることを願っています。

 

(Visited 52 times, 1 visits today)

-発達障害, ADHD, 夫の投稿

Copyright© 大人の発達障害ブログ 『こころのまなび』 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.